書籍の名称  精神科医の子育て論
著者・出版社等  服部 祥子 (著)
説明
 出版社/著者からの内容紹介
子どもの成長過程には年齢に応じて越えねばなぬハードルがある。その試練を親も認識し適切な手助けをするために―臨床医であり、母親でもある著者が、人間の真の成熟を願って送る子育て必読書。
スレでの紹介ログ
597 名前:名無しの心子知らず :01/10/15 10:19 ID:M/BnTJH/
 はじめまして。
先日古本屋で購入した本が自閉症の子どもさんを育てた母親の記録として
感動しましたので題名をアップします。

精神科医の子育て論 服部祥子 新潮選書

服部さんのお知り合い(?)の女医の方が自閉症の息子さんを育てていった
ことについての記録と服部さんの考察です。
 10年前の本でその時成人くらいだから、今私くらいの年なのかと思いますが
(息子さん)成人してからの彼の様子は自閉症といえど愛してあげれば崇高
に育ちゆくんだな〜と感銘したのです。
 勿論健常児の親にもすすめたい本。
 本当にここに出てくる女医さんのお母さんにはいろいろと励まされます。

  

601 名前:名無しの心子知らず :01/10/15 14:40 ID:hCejlCqE
>>597
その本読みました。自閉症の子の幼児期から青年期まで
細かく書かれていてとても面白かったです。
しかし、うちの子がそこまでいくかは疑問。
モデルの子は普通学級で学んで勉強もついていっているんですよね。
すごいなぁと正直に思いました。