書籍の名称  自閉症の子どもたち (大型本)
著者・出版社等  稲沢 潤子 (著), 太田 昌孝 (編集), 茂木 俊彦, オノビン, 田村 孝
説明
 出版社/著者からの内容紹介
 小学校高学年向けに自閉症という障害を分かりやすく書いた絵本。「障害を知る本」シリーズの7巻にあたり、ほかに『ことばの不自由な子どもたち』、『LD(学習障害)のこどもたち』などがある。
 読んでも振り向かなかったり、いつまでもコマのようにくるくると回ったり、木に登ったまま何時間でも降りてこないといった不思議な行動をとる自閉症の子どもたち。漢字の意味から「自分の殻に閉じこもってしまう病気」と勘違いされやすい自閉症だが、実は脳の中枢神経の障害であるということ、その行動の特徴と意味について平易な言葉とイラストで解説し、さらには、どのように自閉症児と接すればいいのかということへも踏み込んでいる。
 すべての学校の学級文庫に置いておきたいシリーズであると同時に、大人のための入門書としてもレベルは高い。自閉症児をもった親が読むというよりは、周囲の方々に自閉症という病気を理解してもらうのに最適の1冊となるだろう。(小山由絵)
スレでの紹介ログ
721 名前:名無しの心子知らず :05/02/15 13:28:33 ID:OreG+zpg
はじめまして。流れ切ってすみません、
娘の通う幼稚園、同じクラスに自閉症の女の子がいます。
幼いながら○○ちゃんはみんなとちょっと違う?と思い始めているようです。
娘になんて説明したらいいんだろう?自分も自閉症のことよく知らないし…
この機会にいろいろ調べてみようとは思ったのですが…いろいろあるようで
その子の親からは「軽い自閉症」としか聞いていないのですが。
スレ違いでしたら誘導おねがいします。

722 名前:名無しの心子知らず :05/02/15 13:48:42 ID:TR6uhnqI
>721
その、クラスメートの自閉症女児の母の立場です。
普通の幼稚園に通っているという事は、障害の程度はそんなに重くない
んでしょうね。
それでも自閉症は自閉症なので、幼稚園児でも違和感は感じると思います。

721さんの娘さんの理解力に合わせた説明をするのが一番です。
まだ年少だったり難しい言葉には興味が無い感じなら、「お友達と仲良くしたり
みんなと同じようにするのがすごく難しい、そういう病気なの(本当は障害ですが、
「病気」という言葉を使った方が子供には分かり易いかも)。
一生懸命先生のお話を聞こうとしても、分からなかったりするの」
くらいでいいかと。
年長だったり難しい事にも興味があるなら、「自閉症」という障害である事、
我が儘ではなく障害のせいでみんなと同じようにはできない事、もしその子の
する事でクラスメートの手に負えない困った事があれば先生に言う事、を
言ってみてはどうでしょう。

もしその自閉症の子のお母さんとちょっとお話ができる仲であれば、お母さんの
考えを直接聞いてみるのもいいかも知れません。
常識的な方であれば、必要な事は話してくれると思います。


723 名前:名無しの心子知らず :05/02/15 14:06:49 ID:m4Z/49RC
>>721
うちも、息子が通う保育園の一つ上のクラスに自閉症の男の子がいて、
説明するために「子供のためのバリアフリーブック 自閉症の子どもたち」
という本を買いました。(ここの前スレで勧められた)
絵本形式でとてもわかりやすく書かれているので、良かったら是非。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4272402870/qid=1108443150/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-0199598-1069948