書籍の名称  変光星/自閉の少女に見えていた世界
著者等  森口 奈緒美 (著) 杉山登志郎、辻井正次、内山登紀夫 (解説)
説明  自閉症の女性が、独特な精神的世界と学校時代にいじめられた日々を綴った衝撃のメッセージ。(「MARC」データベースより)
高度成長時代の日本社会で、きちんとした診断も支援体制もないまま成長した少女時代を振り返った手記。(花風社のサイトより)

目次

1 幼年時代(幼児期
幼稚園)
2 小学校低学年時代(小学校入学
大湊 ほか)
3 小学校中・高学年時代(目黒
長崎 ほか)
4 中学校時代(中学一年生
中学二年生 ほか)
スレでの紹介ログ
921 名前:名無しの心子知らず :04/02/10 13:11 ID:eCk7joEq
>ところで、復刊された森口奈緒美さんの「変光星」読んだ?>ALL
>イジメれられ体験の過酷さにガルル・・・だったよ


まだ読んでないけど読もうかな、と思ってる。
でもそんなに過酷なんだ・・・虐め。
確か、漫画版もあったよね?


923 名前:名無しの心子知らず :04/02/10 14:35 ID:W7HyNDWL
>>921
漫画版もあるの?

今回は新しく書き加えた部分もあり、専門家の御大の推薦文も新しくなってる
研究も進んでいるので当然だろうけどね
前の版から削除された部分もあるので
今度、図書館で前の「変光星」を借りて読みたいと思ってる。
今は続編の「平行線」を読んでいるので、その後に。

今回の「変光星」の表紙、なかなかデザイン的におしゃれでいいよ♪
内容はイジメは過酷・本当に許せん!!
時代的なものもあるのかもしれないけど、教師も最低なのばかり。

しかし、圧倒的な筆力によってぐいぐい引き込まれるように読めるよ