書籍の名称  のび太・ジャイアン症候群4 ADHDとアスペルガー症候群/この誤解多き子どもたちをどう救うか
著者・出版社等  司馬 理英子 (著), 加藤 醇子 (著), 千谷 史子 (著)
説明  出版社 販売情報室による紹介
この接し方がアスペルガーの子を救い、能力を引き伸ばす
不注意、衝動的、落ち着きがないという、一見、ADHD(注意欠陥多動性障害)のように見えるが、実は全く異なる障害であるアスペルガー症候群。その特徴、ADHDとどこがどう異なるか、家庭で親はどのようにサポートしていけばよいか、友だちができず、いじめに合い、教師に理解されないなど、幼稚園や学校で巻き込まれるトラブルを回避するために、どのように学校や園で対処してもらうかなど、この誤解多い子どもたちを救うためのあらゆる解決法を具体的に解説した初めての本。
<本書の内容>●序章/ADHDにそっくり、でもちょっと変わった子どもたちがここに●第1章/ADHDとアスペルガー症候群はどこがどう違うのか●第2章/--幼稚園から小・中・高校生まで--こんな子どもはアスペルガー症候群●第3章/家庭での子育て、接し方はどうすればよいか●第4章/幼稚園、学校の先生がたへ。子どもがトラブルに巻き込まれないために、ぜひ実行していただきたいこと●第5章/アスペルガー症候群の症状をやわらげてくれる治療法
スレでの紹介ログ
211 名前:名無しの心子知らず :03/10/01 09:59 ID:dFJPkJDj
もうご存知の方もいると思いますが・・・
「のび太・ジャイアン症候群4・ADHDとアスペルガー症候群」
司馬理英子著・主婦の友社出版
この本、専門書のようにカタクなく、読みやすくて、オススメです。
読んでみて、なかなか理解できない息子の心の内が少し見えてきた気がし
ました