書籍の名称  アスペルガー症候群がわかる本/理解と対応のためのガイドブック
著者等  クリストファー ギルバーグ (著), Christopher Gillberg (原著), 森田 由美 (翻訳), 田中 康雄(監修)
説明  アスペルガー症候群は国境のない精神発達障害であり、決して極めて稀なものではない。医師のみにとどまらず、すべての人に共通の知識基盤を与えることを目的に、その定義、発生率、症状、診断と検査、長期的予後などを述べる。(「MARC」データベースより)

目次

定義
発生率
小児期の症状
思春期の症状
併発する精神障害・社会的障害
その他の問題
アスペルガー症候群の人の優れた能力
背景因子
認知神経心理学的研究
診断と検査
長期予後-成人期のアスペルガー症候群
かかわり方・介入・治療
誰に相談するか?
アスペルガー症候群だったかもしれない著名な天才たち
症例紹介
スレでの紹介ログ
451 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 08:40 ID:8hkEndD4
「揺さぶられっこ症候群」で虐待死した赤ちゃんのことを
報道されていますが、ぐぐってみると、
「高い高い」や、げっぷの時に強く叩かない、とあって
何だか不安になりました(強く叩いてしまった・・ということでは
ないのですが、基準がよくわからないから・・)
それから、首が据わっていない時に、物を取ろうとして
片手で抱っこをした瞬間に、後ろにグオオっとのけぞらせてしまったことが
あって、もしや、あれで何か脳に障害が・・・・・なんて不安で・・
こういう外的なものなら病院で診断できるものなんだろうか。

453 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 09:28 ID:6zSGa5sw
>>451
医者じゃないから詳しい事は分からないけど、
障害が出る程の衝撃ならばCT等で分かるケースの方が多いんじゃないかな。
もしかしてアスペ等原因不明の障害の原因の一つに外的障害があるかもしれないけど、
少なくとも今の医学では分からない訳だし。
心配ならまずは医者に行ってみては?
まずはCT検査になると思うけど・・・。

458 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 15:04 ID:BrU0eHlp
>>453
外的障害によってアスペが起こる場合もあると専門書にはあるよ。

私が今、手元に持っている2003年12月に出たばかりの本
「アスペルガー症候群がわかる本ー理解と対応のためのガイドブック」
クリストファー・ギルバーグ著 田中康雄・監修 森田由美・訳
によると脳損傷が背景要因のひとつとして述べられている。

リスク要因としては
異常分娩・かん子を用いるなどした分娩・未熟児・過熟児・
低体重・前期破水・妊娠中毒症・母体のアルコール濫用などだと・・
詳しくは読んでください。
でも、こういう過去があってもみんながアスペになるわけではないので
色んな要因との兼ね合いで発生するのではないか・・と書いてあったよ。

ところで、この本、成人期以降のことも詳しいし
アスペと思われる過去の著名人についての考察もあったり
大変に興味深い本だよ。
宣伝みたいになるけど・・図書館にもあると思う(笑

459 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 15:09 ID:BrU0eHlp
でもさ、私も子どもが生まれたばかりの時に
兄嫁(小梨)がうちのこの頭をペコペコして
「ほんとーに!へっこむんだー!」とやられた事があるので
外傷・・と聞くと「もしや・・あの時の・・」と疑心暗鬼だらけな人間になる。
まじめに心が晴れないよ・・ふう・・。

460 名前:451 :04/03/05 15:14 ID:8hkEndD4
アスペの外的要因に付いて、色々レスを有難うございます!

>458
前期破水、未熟児・・でした。
帝王切開では無かったけど、かん子も用いなかったけど、
すっごくお腹を押されて出てきた子・・・。
確かに、それだけが直接的な原因ではないと思いますが、
もし、外的なことが要因ならば、「治療」が出来るんじゃないのか?
もしくは、見た目だけの診断ではなくて、目に見える診断が出来るんじゃないのか?
なんて考えたりもします。

461 名前:451 :04/03/05 15:16 ID:8hkEndD4
追記になりますが、458さんご紹介の本、興味深いので
早速探して読んでみます!!

462 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 15:26 ID:6b3Nq8UB
うちは胎盤早期剥離で、緊急帝王切開だった。
母子手帳に生まれたとき軽度のストレス状態ってかいてある
アプガーは6ですた。
やっぱり、関係あるんじゃないかと心配してしまう
あと、夫もかなーりやばいので、遺伝もあるかも

463 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 15:54 ID:AaRqPTUg
うちは妊娠中毒症、促進剤を2日間点滴され続けて
挙句の果てに吸引だった・・・・
従兄弟に高機能(未診断)と思われる成人がいるし。
リスク大だったのかも。

464 名前:451 :04/03/05 16:10 ID:8hkEndD4
実は、うちは主人の従兄弟に高機能と思われる人が、、、
遺伝+出生児のトラブルの二大要素で引き金になる確率って
きちんと統計とれば、結構高いのかしら・・・

465 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 16:26 ID:CPhTZMKc
うちも、いきみだしてから3時間近く出てこなくて(あんまり長時間いきんじゃいけないんじゃなかったっけ?)
最後は吸引&お腹押しだったよ。決してスムーズなお産とは言えなかった…。

466 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 16:32 ID:ppa+vkvc
うちは初産だけど、全く問題なしで順調だったよ。
でも食事にもっと気使うべきだったかとか、
考え出すときりが無い。

467 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 18:18 ID:BrU0eHlp
上記の本・・・
新しいのでへええーーと思う部分が結構あったよ

ひとつにはアスペには男子・男性が多いとされているけれど
女子の場合に「こだわり」が軽いか、まったく無いケースが多かったり・・と
主な研究者が男子のアスペに注目して研究している傾向もあって
判断基準が男子を基準にしているものであることが問題だと書いてあるんだよね。

女子の場合はこのような特徴の出方があるという
「女性アスペ」の判断基準が必要で、
それが確立されれば「こだわりがない」「柔軟性が認められる」などとされて
診断から弾かれて援助を受けられずにいる潜在的女性アスペを救えるのではないか
とかね・・うううーーんん!と思った。
うちの子は女子で診断は得ているけれど「こだわりナシ」「柔軟性アリ」なので
診断基準の当てはまる部分と外れる部分に対する疑問があったけれど
これを読んで「男子用」が「アスペの診断基準」とされている事が分かって納得いった。

468 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 18:22 ID:BrU0eHlp
あと、朗報(?)もあり

アスペの人は発達が緩やかであるのと同時に
「老けにくい」特徴があって
成人後のアスペの人を同世代の人と比べると
ぐっと若い というか 老け込まないんだって

うちのアスペっ子は小学生なので「老けない」ってのはピンとこないけど
喜べる部分ではあるかな?

469 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 20:24 ID:8hkEndD4
>「老けにくい」
へええええ!!
あれかなあー、アスペって苦労するにはするけど、
基本的に人の顔色を伺ったりしないでしょ?
そういう苦労が人を老けさせるのかな?なんて思ってみたり。
なんか、子育てしてると「あぁ心労で老けたわ、、、、」と
しみじみ思うので。。。

470 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 20:33 ID:5G5fq3Pz
>>467
うちの娘もそう。こだわり、パニックが無くて柔軟性がある。
前に読んだ本では
男児に多く、女児は数が少ないが(かなり)重度になる傾向があるとなっていたよ。
その本早速読んでみよう。日進月歩だねえ。

472 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 20:45 ID:Os10TtBe
私には様子見の男児がいるのだけれど、
自分がアスペなんじゃないか?と思ってました。
子供がアスペかどうかはわからないけれど、
読んでみようかな。

473 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 21:39 ID:gZUFJKMo
>>468 >アスペの人は発達が緩やかである

やっぱりそうなんだ?。
うち8歳にして急に甘えが出てきたよ。
そういえば、小さいときは人見知りも、後追いも少なかった。
一人寝も早くて、そういうところは手が掛からない子だったな。
今、むっぎゅーして!とか 一緒に寝てとか、
他人が見たらアブナイと思われそうなこと言い出した。
もちろん家の中限定で許してる。専門家には
今甘えさせないと、あとで愛情不足(嫌な言葉!)になると
言われました。ゆっくり発達する感情もあるって実感です。

474 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 21:58 ID:8hkEndD4
>>473
なるほど、そういう見方もあるんですね>発達が緩やかである ということに対して
例えば、これから先、子供が8歳になった時に同じように言われて
そのことが頭にあるか無いかで、親の対応もずいぶん違って来ちゃいますね。
甘やかすのではなくて、緩やかな発達の中で必要なことと知っていれば
そのように愛してあげられますね。教えて頂いて良かったです・・・!

475 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 22:24 ID:1W0kMIod
>>473&474
うーん・・・、知らなかったのか、って切なくなっちゃいました。
光君にすら、そういう描写があったのに・・・。
老けるっていうのは、人と感じ方が違うことからくる
年齢不詳の部分もあるかも(笑)
あと、好きなことに熱中できていたら確かに若いかもね!

477 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 23:01 ID:SfAa+xf2
>>475 473です
>光君にすら、そういう描写があったのに・・・。

すみません、まだ読んでいません。
噂には聞いていますけど・・・やっぱり自閉を語るなら基本ですかねー?(苦笑)

子供がASであると知ってから、この半年に読んだ本の中では、
そうのような視点から書いたものはなかったです。
診断が下るまでの数ヶ月間は、ADHDを疑っていて、そちらばかり
勉強していました。ASだとは全く思わなかったので、ある意味
晴天の霹靂。

ちなみに、うちは小学校に上がってから診断されたケースです。
知的にも中の上と高く、長子です。幼稚園時代には大きなトラブルもなく
やってきました。今回、自分でもよく気がついたなと思ってるほどです。
先生も気づいていませんでした。
今年も発見されないまま 入学する子供もいるのでしょうね。

479 名前:名無しの心子知らず :04/03/05 23:10 ID:hPG7uDHS
>>473
うちも8歳ちょい前になって、急に甘えん坊になってる。
毎晩一緒に布団に入って寝かしつけをしてあげないとダメな状態。
まだ幼さの残っている年齢だから、許容範囲ではあるが。

487 名前:477 :04/03/06 00:19 ID:fTcbg4Xk
>>477
光君はタイプが違うし、読んで無いこともありますよね。
もちろん必須でもないし、すみません。
自閉の子達は社会性(精神?)の年齢が不詳、もしくは遅れて成長する、
心の理論クリアが普通の子から遅れること然り、と思ってました。
小学校以降の診断ではその面に気付かなくて当たり前かもしれません。
本当に気がついてよかったですね。