私は音楽を教える先生ですが、その子の母親にはっきり「社会性を養うために来ました!」と正面きって言われました…
556 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 13:52:12 ID:ZoWdNYkP
質問させてください。
自閉症のお子さんにテレビがよくない理由は
「テレビの中の言葉をまねて言葉でのコミュニケーションがとれないから」
と解釈してよろしいでしょうか?

また親が自閉症と分かっているのにテレビを見せており、
言葉でのコミュニケーションがまったく取れないことに関して
「何言ってるかまったく分かりませんよね!?(笑」
と、かなり楽観的なことを言う母親に教える側として時に苛立ちを覚えます。
テレビは見せないほうがいいのでは?と言っても構わないでしょうか?

557 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 15:38:20 ID:DfKKFbiK
私が専門医に来た話ではテレビは絶対駄目というわけじゃない
食事の時間、遊ぶ時間などはテレビを消す 雑音で集中できなくなる
テレビを見る時は一緒に見る テレビの話をするとすればいいって。

>楽観的なことを言う母親に教える側として時に苛立ちを覚えます。

え〜〜、じゃ暗〜〜〜い顔して低い声で半泣きになりながら
「何言ってるかまったく分かりませんよね…('A`||)」
って態度とればいいの?
何言ってるかわかんないだからさ 訓練してすぐにコミニュケーション取れるわけでも梨
いつもいつも悲観的ぶってられないよ

心でないて顔で笑ってっていうじゃない というか笑うしかないじゃないかいい加減って私は思う

558 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 15:57:05 ID:ZoWdNYkP
私の質問に対してその時のお気に入りのテレビの台詞をいいます。
模倣させようとすればでき、あいさつもできるようになりました。
少しずつ言葉を学んでいるこの時期にコレは痛いなと思います。
小学校にあがるにはその地域によるのでしょうが、
言葉でのコミュニケーションがとれることができないまでも
受け取ることができることが必須です。
本人が分かっていてもそんなことを言っているようでは
間違った判断をされてしまうとも思います。
そのためにもこちらがなんとかしてあげたいと思うことは
余計なことなのでしょうか?

559 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 15:59:23 ID:ZoWdNYkP
熱くなって下げ忘れちゃいました。
ごめんなさい。m(__)m

560 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:01:07 ID:kpcyONuY
>556
教える側というのは保育園や幼稚園の先生という意味でしょうか。
楽天的とか気にしていないように見えても本当は悩んでいる人も多いのです。
半ばヤケクソ的な発言は、自閉症児の親としては何となく気持ちはわかります。
あと悲観的な事を言うと先生がかなり気を使って答えてくれるので
申し訳なくて私は常に明るく振舞っていました。

自閉症と診断がでているのなら、全く放置という事もないだろうし
育児に関する積極的なアドバイスはしない方がいいかと。
そういうのは療育関係者の仕事だと思う。
自分は先生がいつも明るく子供と接してくれていただけで救われたな。

うちの子もテレビのセリフのマネばかりしていたけど、下の子が大きく
なってきて親としゃべるやりとりを見るうちに、今度はそれをマネして
コミュニケーションが少し育ってきましたよ。
その子に兄弟とかいないのかな。

561 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:18:38 ID:ZoWdNYkP
こんな時間に書き込めるのでもちろん保育士とかではないのですが
似たようなものをしている先生と思われていると思います。
そうですね。
私は医者ではないのであまり突っ込んだことを言わないようにします。
下にもお子さんがいますが対話するにはまだまだ時間がかかる月齢です。
ただ逆に私のところに来るということが
若干不思議な発想だという印象です。
なので療育センターに行っていたり本人にあったプログラムを
立ててくれるようなところに行っているかどうかが分かりません。


562 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:23:38 ID:OmjoFgh5
>>558

つまり、「お子さんに何か質問したとき、その質問の答えはわかっているはずだが、
テレビの台詞を言ったりするから、何もわかっていないと思われてしまう。」
ということを何とかしてあげたい。ということですね。

それも自閉症の特徴のひとつですよ。もっとどっしり構えて子育てしましょうよ。わかっているならまずOKと考えてみたら?
わかっていないと思われることが嫌なのはお子さんでなくお母さんのほう。
私も子供が小さいときイライラしましたよ。「子供をよく見られたい、何も知らない子だと思われたくない。」と。

注意して、それをすぐ直せるなら自閉症でないわけで、自閉症のその特性の部分を受け入れつつ、あせらずにお子さんに会話の仕方を教えていけばいいのではないですか?
小学校にあがるまでに…。なんて期限を切るとつらくなりますよ。

自閉症は耳からの情報をうまく脳で処理できない場合もあるそうだから、あなたが言われる
「受けとることが必須」という考えはこの子たちにはきついと思います。


563 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:24:25 ID:mm0M8nC9
>558
>私の質問に対してその時のお気に入りのテレビの台詞をいいます。

これは自閉症児には割とありがちな事です。
「遅延エコラリア」で検索してみて。

テレビ視聴の注意点は、概ね健常児と変わらないと思う。
ただ、健常児のように切り替えをうまくできないのが大変なんだけど・・・

564 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:24:44 ID:mMNdAS7P
>>558
> 私の質問に対してその時のお気に入りのテレビの台詞をいいます。

それは、そのフレーズがその子にとって心地いいからでしょう
テレビを断っても、どこかからお気に入りの言葉を探してきますよ

大好きなテレビを断つことによる二次障害発生の方がはるかに大変なことだと思われ

彼らには彼らの世界があるのだから、こちらの価値観を押しつけるのはやめましょう

565 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:31:19 ID:ZoWdNYkP
お二人ともありがとうございます。
今話しているお子さんは勤め先の生徒です。
耳は悪くはないと思います。
いい状態の時は私の言ってることが理解しているのが分かります。
可愛い生徒だからこそなんとかしてあげたいと思いました。
ただそれだけです。


566 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 16:44:24 ID:ZoWdNYkP
彼らには彼らの世界があるのだから、こちらの価値観を押しつけるのはやめましょう

よく分かりません。ならば初めから他の子と同じような幼稚園、
小学校を求めることに疑問を感じます。
孤立した彼らの世界にいてほしいのでしょうか?
私は好きなものや好きなことを無理矢理止めさせたいのではありません。
でも親御さんが少しでも社会に適応できるようにしたいと思っているのならば
その彼らの世界を広げ、社会に適応できるように変化させたほうが
いいと思っていますが、私の考えは間違っているのでしょうか?


567 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 17:06:41 ID:mm0M8nC9
>566
ちょっと落ち着いて。
そのお子さんのことを考える余りだとは思うけど、ちょっと四角四面に
考え過ぎだよ。
相手は人間(お母さんも含めてね)なんだから、そう理屈どおりには
いかないと思うよ。
そりゃ、「こうした方が」「ああした方が」ってのはたくさんあるけど、
一度ついた習慣を変えるのに沢山の労力を必要とする自閉症児相手
だから、一朝一夕にはいかないんだよ。
長ーいスパンで考えた方がいいと思うけどなあ。

568 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 17:07:26 ID:pKoIJLVS
>566
音楽教室の先生かな?と思ってたけど、幼児教室の先生ですか?
あなたがどういう所の先生なのかわからないとアドバイスが難しいです。
いずれにせよ、その子の状態だと親がテレビをやめさせて話しかけを
多くしたとしても、努力の割には実りは少ないです。おそらく。

普通の幼稚園や小学校に通えるためにお教室に通っているんですかね?
だったらなおさらその教室でできる事だけしてあげたらいいと思いますよ。

569 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 17:11:44 ID:pKoIJLVS
>568は言葉足らずでした。
つまり割り切って、と言いたかったのです。

570 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 17:24:38 ID:Idi/s3gC
>>556
つまり聞かれたことに対してお気に入りの台詞を答えていては、入学を許可
されなくなってしまうのに、親は真剣に取り組んでいないということでしょうか。

入学に際しては何度か学校へ足を運べば学校側としては、ああ、わかってて
言ってるんだなと今までの経験で判断されると思いますのでご心配には及ばない
かと思いますが、入学してからでなく今、正しい受け答えを教わるのはその子に
とって大切な積み重ねになると思いますので親御さんとよく話し合って方針を
決めていってくださればと思います。

571 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 18:14:22 ID:ZoWdNYkP
ご回答ありがとうございます。
音楽教室のグループレッスンの生徒です。
グループレッスンだからこその長所短所があり、
その子だけにアプローチできないのでもどかしく思っています。
ただグループレッスンでも将来ピアニストを目指すお家、
小学校受験を考えているお家、情操教育として捉えているお家、
社会適応能力の向上をはかりたいお家というように目的がさまざまなだけに
悩んでしまいます。
基本的に私は音楽を教える先生なのですが。
年々違うことを求められがちです。
躾けて下さい。や、ウチの子名前呼ばれても返事しないので
返事できるように教えてください。それから、
みんなと仲良くできるように遊び方を教えてください。など。
このノリでその子の母親もみんなと同じことができるように、
社会性を養うために来ました!
と言われている気がしてイライラしちゃいました。
違うならいいのですが。
社会性を養う音楽教室って…。努力はしてますが。
でも音楽教室です。私もそれなりに学んできたつもりですが
あまりにも目的が違う子達の中で教えることに限界を感じてます。
でもそれを承知で入ってきたのだから努力はして下さっているとは思います。

572 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:05:53 ID:OmjoFgh5
>>571

音楽教室の先生なのにいろんなことを求められて…。お気の毒ですね。

挨拶の「お願いします。」「有難うございました。」「はい。」などは、そのつど言わせればいいけど、
グループレッスンで社会適応能力の向上を求めるって…。

個人で開いている教室ではなさそうだから、できること、できないことをはっきり言えばいいとと思いますよ。
お母さんたちもお子さんを音楽教室に通わせているんだから、付属的な希望については「やってもらえたらもうけもの」
程度に思っていらっしゃるのではないの?

その子のお母親から「みんなと同じことができるように、社会性を養うためにきました!」
って実際言われたわけではないようですね。それなら気をまわしすぎない方がいいと思いますよ。

先生として気をつけてあげることは、皆と同じようにできない時、本当にできないのか、指示が通ってないためできないのかを見極め、
後者の場合、その子の眼を見てゆっくり指示をくりかえし言ってあげるようにすることだと思います。
気がのらないときもあるでしょう。そんな時も無理強いしないように、楽しいところを見せてあげればいいと思います。





573 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:08:23 ID:DfKKFbiK
>571
いや、なんていうか…。
相手に(自閉症児の親に)色々と求めるなら
自閉症児の特質をもっと深く知って欲しい。
音楽教師だからそんな必要は無いと思うなら
貴女も相手に音楽以上の事を要求しない。

それと後半のレスは、このスレにはなんの関係もないから愚痴らないで。

574 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:12:10 ID:DfKKFbiK
>572さんのレス見て思ったんだけど
音楽療法とか掲げてる教室ですか?
違うなら、そして色々疲れるならそういう子はお断りするとか。
目的が違う子達の中で教えることに限界なら幼児を教えるのは難しいんじゃない?
健常児障害児関係なく。


575 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:12:24 ID:mMNdAS7P
>>566
> 彼らには彼らの世界があるのだから、こちらの価値観を押しつけるのはやめましょう
> ↑
> よく分かりません。ならば初めから他の子と同じような幼稚園、
> 小学校を求めることに疑問を感じます。

> いいと思っていますが、私の考えは間違っているのでしょうか?


間違っています。他の子と同じようなことを求めているのは親。
私見だが、そうやって外から押しつけられることによって2次障害は重くなっていく

576 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:14:53 ID:G2fWIKJE
ヤマハ音楽教室に通う発達障害児多いよね。

自閉症の掲示板でも勧めてたよ。

577 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:15:49 ID:ZoWdNYkP
そもそもその音楽の要求ができないのですが。
なぜ音楽教室で自閉症の子の社会性を身につけないといけないのでしょう。


578 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:18:47 ID:G2fWIKJE
>>577
もちついて。
573は「釣り」だと思います。

579 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:21:52 ID:ZoWdNYkP
この教室は音楽療法はうたっていません。でもその心得はあります。


580 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:26:33 ID:G2fWIKJE
>>579
ZoWdNYkPさん個人のケースは、>>572>>574がアドバイスされている通りで良いのでは?

ここで色々言っても、ここの住人とは関係ないですから。

581 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:27:46 ID:ZoWdNYkP
その子の母親にはっきり「社会性を養うために来ました!」と正面きって言われました。
入った後なので事務も断れない、個人のピアノを勧めてみては?と言われました。
でも個人では社会性を養うことができないので今に至ってます。

582 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:34:31 ID:0IoihZIF
こちらの言っている事が分かっているように見えても、
実は相手のジェスチャーや条件づけに反応していると思ったほうがいいです。
テレビも一緒に楽しめば対人関係の訓練になると思います。

酷な言い方かもしれませんが、自閉症の特性を知らない人からの忠告は害にこそなれ役にはたちません。

583 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:35:42 ID:SX31JBaq
私が子どもの頃に音楽教室に通っていましたが、グループレッスンの間は
子どもがそれぞれ先生が弾いた見本通りに楽器を弾くのが主で、子どもの
社会性を伸ばす時間の余裕は無かったような希ガス
音楽に親しみを持ち、その子の音感を伸ばすのが目的だったような。
大昔の事だから、今は違うかもしれない。

グループレッスンの中で、社会性を伸ばすようなカリキュラムがあるのかどうかにも
よるのではないか?と思う>>571
もし「音楽で社会性を伸ばす=みんなで合奏しましょ」なら、ある程度練習を
こなせる子達の集団でないと難しいような気がする。

584 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:47:16 ID:ZoWdNYkP
分かりました。
では私は自閉症についてまだ詳しくなく、
器が小さいので教室を辞めてくださいと言っても
構わないという事なのですか?
ココの住人はあまり他人のお子さんには興味がないようですね。
それでわが子は普通学級に!とか
周りが理解してくれない!と言うのはいかがかと思います。
ご理解ある方に出会えるといいですね。
でも自閉症の子をご自分が持つ前の心境を思い出してください。
身近にいなければたいていの人は理解に苦しみます。
周りの心境も察してくださるだけの余裕が持てるといいですね。


585 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:49:42 ID:0IoihZIF
>581
皆がピアノを引いている姿に興味を持ってその集団に入り込めたら儲け物、程度に親は考えているのでは?
何とか集団行動ができないか。ウチも試行錯誤でやっているから気持ちは理解できる。だから先生に過大な期待はしていないと思うよ。
気楽に付き合ってみては?

586 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 19:59:41 ID:SX31JBaq
>>584
ここで逆ギレするのは自ら荒し認定を望むような物かと。

私は574さんのレスに同意。
もしいずれか個人レッスンに移行するようなシステムになっているのなら、
例の親御さんが望むような「我が子の社会性を伸ばす」ことは、何時かは
叶わなくなるのだから。
それよりは、「社会性を伸ばしたいのなら」早いうちに例えば鼓笛隊や
合唱団のような、集団で音楽を楽しむ集団をお勧めになった方がいいかも、と
私個人は思います。
同時に、音楽への期待が過大すぎでは?と思うけどね。

されども、親御さんは藁にも縋る思いでZoWdNYkPがお勤めになっている音楽教室に
通わせているのかも知れない。
そんな親御さんのお気持ちを想像すると、心中複雑になります。

587 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:02:39 ID:SX31JBaq
もし、お子さんの音楽に対する興味が高ければ、鼓笛隊や合唱団はありかな?と
自己レス。


588 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:07:43 ID:hHIfO22Q
横レス失礼。
私も音楽講師で、自閉症児を育てる親でもあります。

音楽教室に勤めていた頃は、本当に保護者から色んな要求がありました。
特にグループレッスンは年齢差のある子たちが混在していたので
3歳児くらいのお子さんなどは、音楽教室にひらがな・カタカナを習得しに
来てるのでは?と疑いたくなるくらい、家庭での協力は無いまま教室に
預けっぱなしのケースも多々ありました。
また、今思えば、あの子は自閉症だったのかなという子もいましたが
その時は、年齢の割に幼い子、言い聞かせが難しい子くらいの感覚で
私は個性として受け入れて通常通りレッスンしていました。
ただ、グループレッスンの場合、本当に子供たちの能力もバラバラだし
保護者の思惑もバラバラなので、その辺は個々にちょっとした懇談の場を
設けながらできるだけ保護者相互理解の上で取り組むことは必要だと
思います。
障害云々よりも、個々のニーズに合ったレッスンができているかどうかが
問題ではないでしょうか?

Aちゃんはプロを目指している。
Bちゃんは情操教育の一環として親の意向で。
Cちゃんはお友達も習いに来てるので自分も習いたくて。

例えばこの場合、BちゃんとCちゃんは同じグループである程度折り合いを
つけながらレッスンして行けると思いますが、Aちゃんについては困難
になって来る状況も十分考えられますよね。
そうすると教室側はAちゃんに個人レッスンへの移行を勧めることになると
思います。

(続く)

589 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:08:21 ID:hHIfO22Q
自閉症という周囲に理解されにくい障害を持っている子なら、なおさら
本人の保護者の意向や同じグループの他の保護者の意向を正確に把握して
どうしても各々のニーズに合わせたグループレッスンができないのであれば
教室側からきちんと新たな提案をして行くべきだと思います。

自閉症児個人の対応についてどうするかは、それらをクリアした上で
考えれば良いことです。
ID:ZoWdNYkPさんは、逆に、それらをクリアするために自閉症児への
対応を考えているように見受けられますが、自閉症児の親の立場からしても
それは難しい・・・というか、無理だと思います。
幼稚園や小学校などと違って、あくまでも習い事の場ですから・・・
受け入れる側の観点もキャパも全然違います。

「音楽教室に入れたら、文字が読めるようになって一石二鳥だわ〜」という
保護者と「うちの子は1度言われたら何でもスムーズにこなせるのに、あんな
落ちこぼれの子たちと一緒じゃ、全然テキストが進まなくて困るわ!」という
親、両者と懇談してみるときっと異なる選択をされるのではないでしょうか?

590 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:11:25 ID:SX31JBaq
>586で、ZoWdNYkPさんに「さん」を付け忘れました。失礼しましたorz

591 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:13:57 ID:OmjoFgh5
>>584

>>572だけど、その後のみんなのレスを読んだけどあなたを怒らせるようなこと、かかれていなかったと思うよ。

私も教える立場だったし、子供が高機能だからわかっているつもりでレスしたんだよ。
お母さんが言われた「社会性を身につけさせる。」っていうのは、ピアノ(エレクトーン)を上達させるより、集団になじむように、
先生の指示がわかって、指示通りに動けるように。ってことだと思うよ。

だから先生として気をつけてあげることを書いたよね。

お母さんとコミュニケーションは取っている?自分のやれることをきちんとお話しすればいいのではないかな。
また相手の希望できいてできることはしてあげればいいんだし。そんなに難しく考えないほうがいいよ。





592 名前:588-589 :2005/09/09(金) 20:15:23 ID:hHIfO22Q
ちなみにうちの子は、情操教育の導入として音楽療法を選択しました。
音楽教室で障害児クラスを持っているところもありますが、そういう
教室か個人レッスンでもない限り、やはり他の保護者への相互理解を
求めるのは困難ですし、何より本人が「楽しい!」と思える状況を
作ってあげたかったので。

593 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:17:54 ID:ZoWdNYkP
部活でも全国大会優勝を目指すところと
楽しむだけのところがあるということはご承知下さい。
残念ですが音楽の世界でも同じ事があり
雇われているところの方針と教える側の方針が違うことがある
ということもお分り下さい。利益を求める所はどこも少数意見は聞き入れません。
利益は金銭だけではありません。

594 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:24:47 ID:SX31JBaq
>>593
すでに答えが出ているんですね。
それを直接例の親御さんに伝えればいいのでは?
教える側の方針と教わる側の思惑がかけ離れているのだから、
仕方ないことでは。

本音を述べると、親御さんへの悪意をここで発散されても困ってしまいます。

595 名前:588-589 :2005/09/09(金) 20:26:40 ID:hHIfO22Q
>>571
>このノリでその子の母親もみんなと同じことができるように、
社会性を養うために来ました!
と言われている気がしてイライラしちゃいました。

この部分については、同情します。
同じ自閉症児の親として、その保護者の姿勢は間違っていると思うし
多分、その人は幼稚園や学校、療育先などでもその調子だと想像できるので
そのまま行けば、そのお子さんにとっても何も良いことはないように思います。

596 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:28:00 ID:DfKKFbiK
>593
だからね、ここで愚痴らないで親に言うか教室の元会社に言えって。
ここにいる親はそんな事よくわかってるよ
他の人の意見見てないんじゃないの?
ここはあんたのタン壷じゃないのよ、他所でやれ



597 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:32:18 ID:G2fWIKJE
>>596
DfKKFbiKさん、好戦的で感じ悪い。
同じ「親」としてくくられるの、イヤだな。

598 名前:588-589 :2005/09/09(金) 20:42:00 ID:hHIfO22Q
>>571=ID:ZoWdNYkP
その保護者が自分の子供と子供の置かれている状況を正しく理解できて
いるのか?

できていないのであれば、それをあなたが理解できるよう促してあげら
れるのか?

それが難しいのであれば、上司にきちんと説明して相談してみては?

その自閉症の子を個人レッスンに移行させるなり、退会していただくなり
最終的な決断は、会社に預ければ良いと思いますよ。
親の立場としてはあまり言いたくないけど、その子1人のために他の
子のレッスンが滞る、このままではグループ存続の危機です、と報告すれば
それなりの対処を考えてくれるのではと思いますが。

599 名前:572 :2005/09/09(金) 20:44:35 ID:OmjoFgh5
>>593

いろいろアドヴァイスをみんなが言われていましたね。実行可能なのもあったように思います。

あなたはここに書き込む時点で、その人にやめてもらうことを考えていらしたのではないですか?
何かそちらの方向に持っていける意見を望んでいたのかなと勘ぐってしまいました。

「少数意見は聞き入れません」といわれるなら、その子だけでなく他にもいろいろ注文をつけてた人にも同じ対応をされるんですよね。
 

600 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:50:56 ID:ZoWdNYkP
権利ばかり主張して義務を果たさない人もいるとは聞きましたが…。
私も自閉症については学んでいる最中ですが、皆さんも周りの方の心境や
お子さんを取り巻く人達の気持ちも察して下さい。
ネガティブすぎたり傲慢だったりする方は周りの好意も悪意に感じることでしょう。
お邪魔しました。イロイロ勉強になりました。

601 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 20:55:51 ID:0Y6b1eMr
>>600
もういないかな?
私は今全部読んだ所だけど、あなたの立場を考えて
色々言ってくれた人も多いと思う。
私は気の利いた事はいえないけれど、落ち着いたら
もう一度全部読み直して、整理して考えてみたら
有益な情報もあると思うよ。
あなたの生徒の親御さんがここにいる訳ではないのだから
割り切って有益な情報を得るつもりでいたらいいのではないかと思う。
健常児でも障害児でも変わらないけど、他人の事は誰もはっきり分からないものだからさ。

602 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 21:09:04 ID:DfKKFbiK
>597
何度も他の意見を無視して自分の愚痴だけ言ってるからじゃない
全ての意見を冷静に聞けてないようですし。
建設的に物事考えられないんだからいい加減イライラしてくるのよ

それからあなたの物言いも充分にやる気満々に見えますけど?
別に同じ親としてくくって頂かなくて結構です、ていうか皆違って当たり前。

603 名前:572 :2005/09/09(金) 21:14:47 ID:OmjoFgh5
>>600

どこをどう読むと、「権利ばかり主張して義務を果たさない人ばかりがいる」という結論になるのでしょう?

「ネガティブ過ぎたり傲慢だったりする方は周りの好意も悪意に感じるでしょう。」って、このスレの人達の周りのことがわかって言われているのですか?
それともあなた自身の周りのこと?

あなたの書き込みからあなたの周りの人と、その自閉症の子とお母さんとの関わりが全く分りませんでした。
何か今現在トラブルでもあるのですか?そうなるとアドヴァイスも変わってきますよ。

私が被害者意識が強いのかもしれませんが、あなたがいわれたこと、言葉は丁寧ですがとてもひどいことをいわれたように感じました。

604 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 21:23:50 ID:ZoWdNYkP
いなくなる前に…。
その子が入ってもう一年になります。辞めてもらうつもりはまったくありません。
前レス見てください。私はただテレビの台詞ばかりで
言葉でのコミュニケーションがとれないことが気になってるだけです。
親は何もしてないのかなと思っただけであって、もしテレビが影響するのなら
見ることを辞めてもらいたいと思っただけです。
上は個人に行かせたら?といいます。でも親が社会適応能力の向上を
目的としている以上そんなこと言えません。
それに任された先生が個人で頑張り切れるかどうか。
もともと音楽での進学志望を教えている方ばかりですから
その分野に長けているかどうか。
その子の母親はちょっぴり周りが見えていません。
でもココにきてなんとなく分かりました。
私はこのまま教えます。でも私の意見は浅はかかも知れませんが言わせて頂きます。
もちろんお母さんの話も聞きます。
私は基本的に音楽は学びたいと思った人すべてが受ける権利があると思います。
でもそのグループレッスンの中で学びたい子に危害を加えたり、
危険なことをする子はお金を頂いて預かっている立場としては
辞めるよう促すこともありますので御了承下さい。
もちろんその子は危険なことをしたりしませんが。

悲観的すぎたり傲慢すぎたりしますと、結果的にお子さんの立場を悪くすることも
多々あると思いますよ。お気を付けください。
お子さんはどんな子もいい子。
でも親が付き合い下手だと結局はお子さんに返ってしまいます。


614 名前:572 :2005/09/09(金) 21:55:33 ID:OmjoFgh5
>>604

>>584 >>593 >>600もあなたですよね。

あなたが言われたテレビの台詞について(>>558)ついてみな一生懸命答えました。
前にも書きましたが実行可能なアドヴァイスもあったように思えます。

だけど、584で突然怒り出され、593で少数意見は聞き入れないと言われ、600であんなことを言われたら
やはり、こういう流れになってしまうのではないでしょうか?

悲観過ぎたり傲慢すぎたり…ってあなたに決め付けられると、普段の私達を知らないのになぜそんなことが言える?
って悲しくなってしまいます。

あなたは個人レッスンの先生はこういう子を指導出来ない とはじめから決め付けていますよね。
私は個人レッスンもしていました。

危害を加える子は自閉だけではないでしょう。健常の子にも乱暴な子はいます。
そういう場合辞めていただくのは仕方がないことだと私も思います。
でもあなたの書き込みを見ると、ここの人たちが辞めてもらうのに反対するのではないか。
という思い込みが入っているように思えます。だから「ご了承ください。」という言葉が出るのですよね。

ここの人たちをそんなに見くびらないでください。
始めにも書きましたが、最後の4行、あなたの書き方は一般論に思えないのです。ここの人達に言っているように感じてしまうのです
親の付き合いが子供にとってとても大切なことは、実際育てているからわかっていますよ。



623 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 22:21:08 ID:ZoWdNYkP
個人が無理だとはまったく言ってません。
母親は社会性を養うために来ました!と言っており、
ついでに音楽もこの子好きだし…とあくまで音楽に親しむことは“ついで”なのです。
集団のなかで自分の名前が呼ばれても分からないし、
皆と同じ事を今しなければならないことが分からないようなので来ました!
と言われました。だから親が個人で行なうことを望んでいないのです。
もちろん前レスでのアドバイスも参考にさせていただきます。
ただこの今の板でも過去に質問した時もココの住人は“私可愛そう”
“○○がウチの子を邪魔だと思っている”
“ウチの子だけ特別に○○するようにしてほしい”
“周りはもう少し自閉症を理解して”
“少しくらいの迷惑お互い様”という考えが多いように思えました。
間違ってはいないものもありますが、その伝え方が
周りから見ると独り善がりで感情的な場合があり
逆に理解されないことも多いのではないかと思いました。
ブログや身近な方、伝聞からもそう感じました。
もちろんここで助言して下さった多くの方はしっかりされた
尊敬できる親御さんがほとんどだと思うのでそのような方には
失礼したと思っています。
ごめんなさい。

625 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 22:31:14 ID:Idi/s3gC
>>614

>>584
>それでわが子は普通学級に!とか
周りが理解してくれない!と言うのはいかがかと思います。

っていうのも唐突過ぎるというか、自閉への知識がない人にしては詳しすぎな
気がして不自然だったよね?
だから荒しと言いたいわけではなくて、うちの兄弟児が音楽教室に通っていたときも
同じクラスに自閉の子がいて、おとなしい子でときどきふらーっと先生のピアノの
ところへ出て行ってポンポンと音を出してしまうんだけど、歌は上手だし弾く
練習も好きだし自然に受け入れられていたよ。
逆に健常の子の方が練習して来なくて弾けないのが恥ずかしくてやめてしまったり
幼い兄弟児が走り回ったりレッスンしてる子のところへ割り込んだりして迷惑
かけることもあったけど、先生はどの子にも常識で考えて悪いことは悪いで
注意してくださったよ。

>>556がクマじゃなかったら、自分のとるべき責任を大きく考えすぎているのでは
ないですか?
もしその親が「社会性を養うため習いにきました」と言っても、他の子たちに迷惑が
かかるばかりなら、「こちらではまだ早いようなので、個人で音楽療法を教えて
いる教室で習ってみては?」と勧めてあげるのも先生の役目ではないですか?

626 名前:572 :2005/09/09(金) 22:40:24 ID:OmjoFgh5
>>623

わかっていただき有難うございました。

ひとつ質問ですが、あなたは目の不自由な子に「なんでこれが見えない。」
とか耳が不自由な子に「どうして。、今言ったことを聞いていなかった。」とか言いますか?
言いませんよね。その子に分るように、耳の不自由な子には手話あるいは筆記で、
目の不自由な子には点訳など配慮をしますよね。

自閉症のお子さんにも形は違うが配慮が必要なわけで、お母さん方はそういうことを望んでいるだけです。
それは特別扱いではないと思います。

あなたが言われているように、伝え方がまずいのかもしれません。そのことは反省すべきですね。

足、目、耳が不自由ということは目で見て分ります。だから見ただけで理解します。
でも自閉症は見ただけでは分らない障害ですよね。だから「どういう障害かを理解して欲しい。」と思っているわけです。

627 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 22:47:41 ID:nH3WAVFz
>逆に健常の子の方が練習して来なくて弾けないのが恥ずかしくてやめてしまったり
>幼い兄弟児が走り回ったりレッスンしてる子のところへ割り込んだりして迷惑
>かけることもあったけど、

健常児よりも自閉症の方が良い子!立派だ!と思ってるならどうしてそんなに
必死になって療育!だの周りが理解を!だの吼えるのでしょうか?

628 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 22:51:28 ID:ZoWdNYkP
そうですね。音楽療法は教えるとはいいません。行なうです。
MTも勧めてみます。ただ立場上言えないときもあるんです。
上は生徒の確保を第一目標にしてますし親御さんも
イロイロ見てここに決めてくださったそうで。私がまだ保育士や教員ならば
はっきり言ってもいいのでしょうが。
皆さんは週に一度しか会わない方の意見を尊重しますか?
普通学級や学校のことに関しては教員をしている友人や
ブログ、発達障害、統合失調症の子を持つ方から聞きました。
どこも良い教員が不足しているとも聞きました。
教える側の一意見として普通学級のことは書かせていただきました。
でも小学校をどうするか悩んでいる親にも友人がいるので
お気持ちもお察しします。
デリケートな問題を安易に取り出してすみませんでした。

630 名前:572 :2005/09/09(金) 22:55:33 ID:OmjoFgh5
>>627

>>625さんは健常児よりも自閉の子が良い子、立派なんていっていませんが…。
そんな風に読めませんよ。

健常の子はなんでもできる。自閉の子はできない。というように思いがちだから、
健常の子でもこういう子もいる。という例として出しただけでしょう?

結論は自閉症の子も健常の子も常識で考えて悪いことは悪いと注意してくださった。ということでしょう?


632 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 23:08:05 ID:ZoWdNYkP
自閉症にもさまざまなタイプがいるのは分かります。
過去に四人見てきました。ただボーダーの子もいたと思いますし
親が気付いていない場合もありました。
聞いても何もおっしゃって下さらない親御さんもいました。
その子の母親は最初に発達障害と自閉があるとおっしゃって下さったので
理解しやすいかと思っていたのですが…。
やはり皆さんタイプが違うので理解するまで時間がかかるようです。
目や耳にへの配慮は分かりやすいと思いますが
自閉や発達障害は複雑ですよね。
いろいろ調べてみます。

634 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 23:14:37 ID:Idi/s3gC
>>628
あなたの一連の書き込みから勝手にヤマハやカワイの音楽教室を想像していた
のですが、そうだとしたらその状態のお子さんがやっていけるのは3歳コース
までじゃないですか?小学生のクラスはかなり高度なことを早いペースで習うし。
客観的に見て明らかに出来ないのがわかっていて、他の生徒の足を引っ張るのが
わかっていたら上(営業?)の方も引き止めないでしょう。

また、保育士や教師ほど安易な言葉を口にはしませんよ。
遠まわしに「普通学級は無理だ」というのを言ってきます。
週に一度しか会わない人の意見を尊重とかって、余計なこと考えすぎじゃ
ないですか?
あなたは何を言われてもでも・・・でも・・・と言っているように聞こえます。
クラスに合ってないなら合ってない、上からやめさせるななら「テレビは消して
みては?」と言ってみる。
て言うか、ご自分でも意見が尊重されないとお感じなら多少きついことおっしゃっても
堪えないでしょう、その親子。

638 名前:名無しの心子知らず :2005/09/09(金) 23:30:34 ID:ZoWdNYkP
企業であるヤマハやカワイではありません。
具体的には申し上げられないのですが。

ある機関に付随している教室です。
グループレッスンも私がタッチしていない分野も含めて
2〜100(∞)才まで可能です。
その子は今、年中です。生活年齢と入った時期(かなり遅)を考慮して
一学年下のクラスにいます。
でもそのような症状だからというわけではなく
どんな子でも状況に応じてありうることです。

640 名前:名無しの心子知らず :2005/09/10(土) 02:21:57 ID:rcGrpKdl
>>572さん、ありがとう。どんな相手でも誠実に冷静に理解を求めていく貴方の
姿勢に心打たれました。こんな先生だったら通わせたいな

643 名前:名無しの心子知らず :2005/09/10(土) 10:19:43 ID:OtpLkP2S
 音楽教室の先生様
 
 私は某音楽教室に通っている自閉症児の母親ですが、
色々と考えてくださっている先生もいらっしゃるんだなぁと
うれしくなりました。
 うちはまだ言葉は出ませんが、笑顔で体でリズムをとったりして
教室では楽しそうにしています。
グループレッスンで、先生もやさしそうな方です。
通わせて頂いている事が、この子にとって良い刺激になっていると
思いますし、社会性の向上にもつながるのでは?感じています。
…どうかこれからも子供の成長をマターリと見守って下さると
うれしく思います。