【HOME】

自閉症の子供側の感覚がどういうものであるのか、わかりやすく説明をされた自閉者(アスペルガー)の方の発言をまとめました。 

 

●●自閉症@育児板 Part17●● 763さんの発言より

どうして自閉症児・者は変更・融通が利かなくてかんしゃく・パニックを起こすの?

752 名前:名無しの心子知らず :2005/08/01(月) 16:25:44 ID:4mynMsi2

かんしゃく・パニックが大変っていうのはどういう状況ですか?
理由が分からないから?頻度が多いから?

761 名前:名無しの心子知らず :2005/08/01(月) 22:19:16 ID:yhswdUPU

>>752
何に癇癪起こしてるのか理由がわからないからかなあ?
それと、変更、融通が利かない?

うちのクラスの子で例えるとプールの時間に雨が降ってきて、
中度か高機能 「プールない?」
教師「雨だから入れないね」
中度か高機能「体育館行きます」(納得)

重度「プールない!プールない!」
教師「雨だから入れないね」
重度「プールない!プールない!」(プールに入りたくてあきらめられない)

・・・って感じでしょうか?

763 名前:名無しの心子知らず :2005/08/01(月) 23:50:33 ID:IQf6+Vm3

>>761
> 中度か高機能 「プールない?」
> 教師「雨だから入れないね」
> 中度か高機能「体育館行きます」(納得)

ちょっと違うかも。
頭では「雨だから入れない」と分かっていても、
その事実が受け入れられなくて
(プールに入るという予定が自分の中で変えられなくて)
癇癪を起こす。

アスペの私の場合ですが。

766 名前:761 :2005/08/02(火) 00:34:52 ID:FAuIuR1h

>>763
実際は763さんの言うとおりもう少し微妙な感情があるみたい。

その中度か高機能の子は、低学年の頃は重度の子のような状態だったのが経験で
こういうときは入れないというのを覚えたけれどホントはプールに入る予定が
変わってしまうのがいやでダメ元というか自分を納得させるため先生に聞いた
という感じでした。

重度の子もしばらくぱにくってはいても徐々にその時間が短くなっている印象です。

767 名前:763 :2005/08/02(火) 08:01:55 ID:BVwTS80n

>>766
ローカルルール無視してごめんなさい。
しかも厳密にはアスペのスレではないのですが、
子供側の感覚を伝える事で何か役に立てばと思って。

雨でプールに入れないと言われたら、
理屈では一応納得するんですよね。
でもそこで「でも、でも・・・」って、
何とか予定遂行の一抹の可能性を探そうとするんです。
そこでパニックが起こるんですが、
雨が降っている様子を自分の目で見て、
先生が「入れない」と言葉で諭して、
周囲の児童が入れない事を納得している様子を見て、
そんな複数の要素を自分の中に蓄積していって、
その頃には時間もある程度経っているからやっと混乱が収まる、そんな感じです。

「雨だからもう無理なんだ」と繰り返し聞かされる事で、
動かしがたい現実を渋々ながら受け入れる事と、
一定の時間の経過が必要みたいです。

768 名前:名無しの心子知らず :2005/08/02(火) 08:51:35 ID:d/lyWqQm

そんなシーンって健常人にもあるよね。
何かのイベントなんかで順番待ちしていたのに締め切りになり入れなかった連中らがクレームつけたりしているしね。

中止になる予測も事前に説明しておくのも大事なんだね。

769 名前:名無しの心子知らず :2005/08/02(火) 09:28:35 ID:BVwTS80n

>>768
そうですね。
多分健常者との違いは、
自閉の人の場合はクレームをつけたり愚痴ったり、
その混乱を他人に向けない事かな。
自分が混乱していてその事で一杯一杯になってて、
その時には「外の人」は頭の中にはいないんです。
「自分」と「起こっている現象」との戦いと言うか。

私もなるべく外でパニックを起こさないように、
色々な予測をメモして行動するようにしてます。
例えばここでこういう状況になったらA→B、
それとはまた違う状況が起こったらA→C
・・・
と、いくつかの予定変更のパターンを考えて。
ただ、現実には、いざその場になるとA以外はだめになるんですよね。orz

子供のころから他人に自分の気持ちを説明とかできましたか? 段々学んできて口にだせるようになるのかしら?

771 名前:名無しの心子知らず :2005/08/02(火) 13:08:31 ID:mjPa3MaR

ええ?!
>769さんってアスペなんですか?
言語に遅れはないとは聞いてたけど、
ほんとに理路整然とコミュニケーション手段として言葉で説明できるんですね…。
うちのは言葉にも遅れあるんだけど、
いつかはこうやって気持ちの説明してくれたりするかな…。
人それぞれとわかってはいるのですが、
参考までに、769さんは子供のころからこうやって
人に自分の気持ちを説明とかできましたか?
段々学んできて口にだせるようになるのかしら…。

790 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 01:27:09 ID:YkgZa3M6

>>771
769です。
私が自分に何か問題があると初めて気付いたのは
「光とともに…」と見た時なので、実はつい近年のことなんです。
光君の行動や状態と重なる部分があまりに多くて、
それで発達障害の専門医を訪ねて、アスペだと診断され、
そこで毎週認知トレーニングを重ねていく中で、
今まで自分に何が起こっていたのかようやく分かるようになりました。
それまでは皆さんのお子さん達と同じように、
ただ混乱するだけで、他人はおろか、親とすらコミュニケーションが困難でした。

私は専門医に掛かって、初めて健常者との違いを知り、
それまで長年あった、他人との違和感の原因が分かりました。
でも今でも自分が障害を持っているとはピンときません。
それは、健常者の感覚を持った経験がないので、比較できないからです。
ただ幸いな事に私は専門医に出会えたので、
健常者の感覚を、「理解」と言う形で知る事ができるようになりました。
私がここに書き込ませてもらった理由は、
子供側の言葉で説明する事で、皆さんの何かの役に立てばと思ったからです。
混乱した時にはこんな風にしてもらうと楽になるとか、
その時に子供側の心の中ではこんな流れが起こっているとか。
こだわりをこなしている時の爽快感や、それを阻害された時の混乱など。
勿論皆さんの方がずっとお詳しいとは思ったのですが、
でしゃばって本当に済みませんでした。

791 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 01:27:45 ID:YkgZa3M6

物心ついた頃から、癇癪を起こしては怒られ、友達もできず、
学校ではいじめられ、今では二次障害の為に毎週2,3日は通院しています。
それでも私は、ここのお母さん達の書き込みを読んだ時、
私の母親もきっと同じように大事に育ててくれたんだと思って、
それを教えてくれた皆さんに心から感謝をし、生きてこられた事を感謝しました。
残念ながら、私には他人の愛情を感じ取る感覚が備わっていません。
医師にはそれが障害の特徴だと言われています。
それを医師が母親に伝えた時に、母親は泣きましたが、
「医者はああ言ったけど、お母さんは、あなたが
いつかお母さんの愛情を感じ取ってくれると信じてる」と私に言ってくれました。
今でも愛情に関しては分かりませんが、
でも私が一番頼っているのも、時々「中の人」になってくれるのも、
唯一母親だけです。人とコミュニケーションが取れなくても、
母親だけが時々ふっと「中の人」になり、その時に、どこか懐かしいような、
安心したような気持ちに包まれます。
同時に、母親がいなくなったら私には誰もいなくなるという不安もあります。
長々とすみませんでした。発達障害を持った子供(私も含め)は、
言葉や表情で伝えられなくても、心のずっと奥のところでは、
「お母さん」がしっかり存在してくれる事を伝えたかったので。

不快な思いをされた方がいたら本当にすみませんでした。
皆さんとお子さんが一日に一回でも多く笑えますように願っています。

愛情を感じられないって、たとえば、「ありがとう」と思う気持ちや、「この人がいてくれてよかった。嬉しい」という気持ちもないってことなのかな?

792 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 02:05:44 ID:gV8UT5tw

ごめん。聞いていい?
愛情を感じられないって、たとえば、「ありがとう」と思う気持ちや、
「この人がいてくれてよかった。嬉しい」という気持ちもないってことなのかな?
母親と他人に対する感情は、どんな風に違うんだろう。

答えにくかったらごめん。
スレ違いなので、スルーして。
まだ書いても良かったかな。(他の人ごめんなさい)


793 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 02:44:16 ID:LvlNyx5W

感謝や嬉しい気持ちは感じられます。
嬉しい事をしてもらったら喜ぶし、感謝もするけど、
それをしてくれる相手の気持ちが分からない感じです。
「ありがとう」どまりで、その裏にある相手の気持ちが分からないです。
だからよく「なぜここまでしてくれるのかな」と不思議な気持ちがするし、
実際に「なぜお世話をするの?」と尋ねて母親を困らせます。
大事な娘だからとかと言われても、ピンと来ません。
親子関係の意味がわからないので・・・。
ただ、アスペの場合、言葉で説明されると、
感情的には納得できなくても、頭では「そんなものなんだ」とまでは思えます。



794 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 02:45:35 ID:LvlNyx5W

ありのままの説明で、他意はないのでごめんなさい。
母親が唯一「中の人」になるのは、
母親が私の世界を壊さないでいてくれるから。
自分の世界に入れても大丈夫、安心できる存在だと思えるからです。
でもずっといるわけじゃなく、自分の思う通りに反応してくれなかったり、
私のこだわりやルールを邪魔されると、途端に外の人になってしまう。
私が感じる「好き」は、その人を好きなのではなく、
「私の世界を壊さないから受け入れられる」の意味だと思います。
何となく心から湧き上がるような「好き」ではないので、
恋愛ドラマなどを見ても、言葉の裏の感情のやり取りがよく分かりません。
主治医が言うには、自閉症の人は、「他の人格」が理解できないそうです。
自分以外に、それぞれの意思を持った人間がいると言う事が
理解できないのだと説明されました。

母親と他人に対する違いは、今言ったように、
私の世界を尊重してくれる度合いが比較にならないほど強いのと、
ここからは実感は無いのですが、やはり長い間一緒に暮らしてきた、
物理的な近さや、歳月の重みがあるのかなと想像します。
答えになっていなかったらごめんなさい。

801 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 13:23:57 ID:AuHeKjbD

テンプルさんか誰か、後に話せるようになった自閉の方が、
「幸福とは?」の質問に「朝食にフレンチトーストを食べること」
「親切とは?」の質問に「目の前のドアを開けてもらうこと」と答えて、
「そんなに狭い意味なんですか?!」とつっこまれていたけど・・
逆に
「じゃああなたたち(非自閉者)はどういう意味で使っているの?」と
またまたつっこまれて、誰も答えられなかったというエピソードがある。

愛情についても、非自閉者だってみんな愛情の感じ方なんて
人それぞれたぶん差がかなりあるだろうし、意味だって曖昧だよね?
791氏の場合も、愛情を具体的に置き換えて説明する適切な言葉が
たまたま見つからないってだけではないかな。
少なくとも文を読んだ限りでは愛を感じ、与える(気が付かずにでもね!)
才能はちゃんと持ち合わせている感じがしました。

802 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 14:56:28 ID:1zYQ6d6Q

話それますがすいません、親ばかネタをひとつ。

うちの子@5歳年長さん
最近、自分の靴が汚れると自分で洗います。
靴を持って洗面所でうろうろして、「せっけん・・・」って言いに来るんで
たわしに洗剤つけて渡してあげると洗ってながして自分で
ベランダに干しますw

か・・・・かわえぇ・・・・全く何をやってもかわいくってキュンとなるよ。

803 名前:名無しの心子知らず :2005/08/03(水) 16:31:52 ID:sFzewmhj

>>802
あぁ、なんかわかるな〜、それ。
うちも年中で今年から幼稚園に行き始めたんだけど
自立心旺盛になって、身の回りのことやちょっとした
お手伝い的なことをしてくれる。
うちの子は知的遅れもあるし、運動面もやや遅れで
トロトロしてるから、その拙い仕草が可愛くてたまりません(親バカw)

お互い、成長期の喜びを噛み締めましょう!

829 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 11:29:21 ID:kRe/nMCJ

最近言葉が増えてきて嬉しい反面大変です。
家にいると「お菓子食べたい、ジュースのみたい」の連発。私が自分と同じセリフを
言わないとずっと繰り返し言ってる。最近はずっとひとり言ばかり。
比較的人と接するのが好きなので誰にでも話し掛ける。微笑ましいとも思うけど
見知らぬ子に「○○ちゃん、(同じ療育の子)一緒にプールに入りましょう」とか言って
相手は気味悪がったりしてる。
「○○食べたい」というので作って食卓に出すと「○○食べないよ!」と本当に
一口も口をつけない。じゃあいらないのね、と下げようとするとキーキー叫び
しまいにはその食材を床にぶんなげる。

以前は本当に一言も話せなく泣くことで自己主張していたから成長したなぁと
本当に嬉しいことなんだけどさすがにストレスが溜まってくる。
娘の行動がただのわがままにしか見えなくなってきて今とても厳しい。
私も臨月で体調もあまりよくないというのが重なり最悪です。

830 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 12:08:28 ID:lfgGIx5+

>>829
大変ですよね。お気持ち分かります。
うちの子が3,4歳の頃もそんな感じでした。
言うとおりにしてあげてるのに癇癪を起す・・・ストレス溜まりますよね。
今は大分自分の気持ちを言葉で表現できるようになったので、
そういう癇癪もほとんどなくなりました。
今思えば、「○○食べたい」と言っても、
食べる場所や時間、食器、付け合せなど、
言葉に出ている以外の要求があったんだな、と思います。

>>829のお子さんもきっと自分なりの理由があるんだと思います。
今それだけ言葉が出ているのですから、
もう少し成長して言葉がスムーズに出るようになれば変わると思います。

妊娠中で大変だと思いますが、子どもの成長を信じてお互い頑張りましょう!

なぜ母親が「中の人」となって特別な存在になるのかな?

835 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 15:34:36 ID:6nnSFkt4

皆さん、温かいレスありがとうございました。
あまり度々書き込んでは申し訳ないと思いながら、
その一方で何かほんの少しでも役に立てればと思う気持ちがあり、
時々書き込ませていただけたらと思います。
>>>802-803さんの書き込みで感じた事ですが、
先日の「なぜ母親が特別な存在か」につながります。
(以下、私のケースに関してですが、個人談になると申し訳ないので、
『自閉の子』と総称しますが、個人差がありますし、
私もまだまだ理解できていない部分が多いので、
必ずしも当てはまらない事があると思いますが、その辺はすみません。)

836 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 15:35:18 ID:6nnSFkt4

多分自閉の子の記憶には特徴があるような気がします。
周囲が記憶に残すような事などはスポッと抜けているのに、
偏った事に関しては事細かに鮮明に記憶しているんです。
強い記憶として残っている事は、自分のこだわりに関する事が多いです。
そしてそれらのこだわりの記憶の横にはいつも母親がいたので、
それで無意識の中でも母親は特別な存在として認識しているような気がします。
何年もしたら、お靴洗いの詳細は、
お母さんの方は忘れてしまうかも知れませんが、
お子さんの方は、多分その時そこにお母さんがいて、
こだわりの相手をしてくれた場面を鮮明に記憶していて、
そういう積み重ねが、母親を「中の人」にしていくような気がします。
曖昧なので具体例を一つあげると、私は幼稚園時代に、
PHPという冊子にこだわりを持ち、
毎日毎日夕食の後片付けをする母親の横で、
その中の登場人物の名前を何十回も繰り返した記憶があります。
多分母親は疲れていてはずなのに、
私がケラケラ腹を抱えて笑いながら繰り返すので、
苦笑しながらも私が飽きるまで付き合ってくれてました。(笑
その記憶の「主体」はPHPと自分ですが(すみません…)、
そのセットとして母親の反応もちゃんと残っています。

837 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 15:36:16 ID:6nnSFkt4

それと、>>829さんの件ですが、
自閉の子は自分の言葉(意思)が相手に伝わっているかどうかが
相手の表情や返事だけではなかなか分からないです。
「ジュース飲みたい」と伝えて、「分かったよ」では、
本当に伝わっているのかが分からないのです。
その時に「ジュースが飲みたいのね。」と同じ言葉で返してもらうと
ようやく伝わったのだと分かります。
ただ、もう少し年齢が進むと会話の内容も多様化していくので、
その時にはただの復唱では納得しない事が多いです。
その場合は、子供側の言葉+お母さんなりの具体的な言葉で返すと、
ちゃんと伝わっているかが更によく分かるような気がします。


838 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 15:37:03 ID:6nnSFkt4

自閉の子の言葉には特徴があって、
一つの事を指し示すのに、一つの言葉しか使えないような面があります。
「ジュースが飲みたい」=「ジュースが飲みたい」だけで、
「喉が渇いた」や「何か飲みたい」では代用できない感じです。
それが逆にギャップを生む原因になります。
本当は「オレンジジュースをコップに入れて飲みたい」のに、
「ジュースが飲みたい」としか言い表せないので、
缶入りグレープジュースを持ってこられても「そうじゃない!そうじゃない!」と
癇癪を起こしてしまうのではないかと思います。
だから何か意思を伝えてきたら、お母さんの言葉で確認してあげると
子供の方は自分の意思が伝わっているかどうか分かって安心します。
普通の「分かったよ」や「はい」「だめ」などでは、
何が伝わっているのか、何が受け入れられているのかが
子供の方には分からないので、何度も同じ質問を繰り返す事になります。
だからなるべく具体的に説明しながら「聞き返し返事」をすると
子供が何を伝えたいのかが分かり易いと思います。
子供の方には、自覚は無いながらも、
いつも「意志をうまく伝えられない」というストレスがあって、
でも相手にきちんと反応してもらって、
自分の意思が伝わっている事が分かると、
物をきちんと並べたりなどのこだわり行動を終えた時の
爽快感と全く同じ快感を覚え、
ものすごく気持ちがスーッとして本当に安心します。
長々とすみません。

839 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 15:45:40 ID:vKGHMD7x

ああそういえばうちの子も、例え話しで言うと
アンパンマンを指しながら「アンパンマン!アンパンマン!」と言っていて
私が「バイキンマン?」などと違うものを言うと
いつまでも「アンパンマン!アンパンマン!」と言っているな。
そして私が「アンパンマン?」と言うとホッとしたような笑顔になる。
なるほどなぁ

840 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 15:49:38 ID:VpyPOIzD

>>838
> 子供の方には、自覚は無いながらも、
> いつも「意志をうまく伝えられない」というストレスがあって、
> でも相手にきちんと反応してもらって、
> 自分の意思が伝わっている事が分かると、
> 物をきちんと並べたりなどのこだわり行動を終えた時の
> 爽快感と全く同じ快感を覚え、
> ものすごく気持ちがスーッとして本当に安心します。

なるほどー
確かに、うちの子にも当てはまっているよ。
こっちが、子供の言っていることを繰り返してあげると、
「ダメ」でも、にこにこ喜んでいる。多分これなんだねぇ。

大変貴重&参考になる経験談をありがとう。

842 名前:名無しの心子知らず :2005/08/04(木) 22:31:07 ID:BBda4ou7

>>838
うちの子は高機能で、どちらかというと言葉は達者な方なのですが
言葉の使い方が明らかに間違っている時とか、どう言えば良いのか
分からないような時に「こういう時は、こう言えば良いんだよ」と教えると
ハンで押したように、一字一句変えず、その言葉を使うのに苦笑させられます。
親の目から見れば可愛いんですけどね。

869 名前:名無しの心子知らず :2005/08/06(土) 03:22:02 ID:KWphp5Fv

>838さん、とても参考になるお話をありがとうございました。
一連の書き込みのおかげで、少し我が子の助けになる行動を心がけられそうです。
838さんの負担になるのは申し訳ないとおもうのですが、
正直スレ違いと言っていなくならずに、アドバイスをお願いしたいと思ってしまいます。
この一連の書き込みは保存版としておきたいです。
いつか埋もれてしまうのはもったいない。
というか…。本とかにして欲しいくらいです。
本なら繰り返し、いろいろな人が読めるし…。
無茶いってるでしょうか。

871 名前:名無しの心子知らず :2005/08/06(土) 09:24:04 ID:Y5GrdZVR

小分けの袋のトッポをひとつ、いただいた。
息子は大喜びであっという間に食べてしまって、私に「ぜんぶたべた」と
空の袋を見せにきました。

私が「ママも欲しかったなあ〜」とふざけて言ったら、
たたたっとかけていって、冷蔵庫から、ミニゼリーを一個持ってきて私にさしだした。
そして「ママ、ないから・・・」と言った。
こんなこと初めてだ。
うれしいよ。なんかたいしたことでもないのに涙でてきちった・・・

874 名前:名無しの心子知らず :2005/08/06(土) 11:42:26 ID:Lu3NebVG

>>871
可愛いね。
ほんとに可愛いね。

でもね、うちの自閉の子も、多分、そうやって冗談で言っても代わりの
ものを持ってきてくれると思うんだ。
申し訳なさそうにね。
うち、健常の子もいるんだけど、そっちは「次は分けるから」とか「言うのが
遅い」とか言ってかわしていくんだよ。
自閉の子の、その優しさとまじめさが、社会の食い物になるんだよね。
本心は、ずっと家の中だけで生活させてやりたい。
ごめんね、うれしい話に水差して。

言葉によるコミュニケーションができる爽快さを知りました。

885 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 01:58:53 ID:O/aj5W8s

去ると言ったのにすみません。
こちらにお邪魔するようになる前に、
先週通院からの帰りにずっと皆さんとお子さんの事を考えていました。
私は専門医に掛かるようになって初めて
言葉によるコミュニケーションができる爽快さを知りました。
それまでずっと、親を含めた周囲の人間と
うまく意思疎通ができずに、言葉を交わしていても
何かかみ合わずに焦燥感を生じるだけでした。
そのもやもやを「こだわり行動」で具現化して精神の安定を得ていましたが、
「言葉が相手に伝わる」、「相手の言葉がうまく理解できる」、
その悦喜感は、こだわりなどの代償行動で得る快感とは
比較にならないほど大きくて、
「あぁこの爽快さを、皆さんのお子さんにも感じてもらえたら・・・」と、
やはり何か少しでも力になれたらという気持ちを捨てきれませんでした。
部外者が立ち入る事で不快に思われる方もいらっしゃると思います。
その時にはどこか別のサイトに誘導していただいても構いません。
私自身、やっとトレーニングを始めたばかりなので、
役に立てる事もあまりないと思いますが、
自分が何か学んだり、或いは自閉の面を持つ側として
時々皆さんにご一緒させていただけたらと思います。;

886 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 01:59:41 ID:O/aj5W8s

皆さんが悪戦苦闘して、お子さんと何か一つコミュニケーションが取れた時、
ものすごく喜ばれている様子が伝わってきます。
それと同時に、私は、お子さん側の気持ちになって、
その時お子さんの心の中がどれほど晴れただろうと、
その喜びが想像できて胸が一杯になります。
お子さん自身はその喜びを言葉として表現できないかも知れませんが、
こだわり行動に夢中になっている高揚感とは比較にならないほど、
小さな笑顔の奥にものすごく大きな喜びが生まれていると思います。

今日お伝えしたかった事ですが、
>>195さんや>>842さんの話に表れているように、
自閉の子は、自分が理解できた事は
それと全くそのまま同じ事を相手に対してすれば通じると理解します。
「こう言えば」「こうすれば」相手に伝わると学習するのだと思います。
逆にそれが>>871さんのケースから応用できるかも知れません。
お子さんが「トッポの代わりにミニゼリーを持ってきた」と言う事は、
お子さんの中で「代替」ができていると言う事ですよね。
自分が代替出来た事は、子供の方も同じ代替品なら
受け入れられる可能性があるような気がします。
(それは、>>842さんのお子さんが言葉を修正した事に似ています。)
いつかお子さんが何かお気に入りの物が無くて癇癪を起こした際に、
お子さんと同じ言葉を使って
「○○ちゃん、無いから・・・ごめんね」と
代替品を差し出してみるとうまくいくかも知れません。;

887 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 02:00:44 ID:O/aj5W8s

自閉の子との対話はパズルのピース探しに似ています。
どの言葉、どの行動なら、子供の言いたい事にヒットするか、
沢山の言葉や対応の中から探す感じです。
健常者(親)の方は言葉を沢山持っていますが、
子供側は、理解できる言葉が限られているので、
それにピタリとマッチする言葉や対応を探す感じです。
最初は大変ですが、数が少ない分、一旦発見すれば、
後はテンプレみたいに、この時はこの言葉、
この時はこの行動、と言った具合に、繰り返すだけで大丈夫です。
実際私も成人していながら、もう長い事、
混乱を起こす度に全く同じ言葉を掛けてもらって納得したりしています。
その時にはお母さん側の気持ちは半分上の空でもいいので、どうか気楽に。
あまり一つ一つのフォローに全神経を使っていたら疲れますよね。
声を掛けてもらう側は、頭の中はパニックになっているので、
実は相手の真剣具合までは気が回っていなくて、
耳から入る言葉だけで十分楽になります。
毎回同じ言葉でも、健常の子みたいに「いつも同じ言葉ばかりで、
適当に言ってるみたいに感じる!」などとは思いません。
ただし、(皆さんも周知でしょうが)
行動の力ずく阻止や叱責は逆効果です。
お子さんに怪我などの危険がある場合は別ですが。

それと、混乱した時の対処方法がスレの最初の方で話題になっていましたが、
基本は放置だそうです。私の場合は1人部屋にしばらく閉じこもって
1時間程度一しきり泣けばケロッと元に戻ります。
困っておろおろされると逆にこちらもテンションがあがるので、
一番いいのは一言「きついね。。」などの言葉を掛けて
しばらく1人にしておき、お母さん側は普通に家事などを
されているのが一番良いような気がします。

888 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 02:02:06 ID:O/aj5W8s

それから、>>829さん、その後どうでしょうか。
あれから更に自分に照らし合わせて考えてみたのですが、
自閉の子が期待する反応は、欲しがっている対象物だけではない事があります。
その前後の行動や言葉など、一連のセットで欲しがっているのです。
(これは私自身の例でしか体験していないので自信は無いですが。。。)
「バナナが食べたい」と言ったとして、
バナナを差し出すだけでは癇癪を起こすかも知れません。
その時はきっと、お子さんはまず自分の欲しい言葉を期待しているかも知れません。
もしそうであればお子さんが納得する言葉探しから必要だと思います。
「バナナ食べたいのね。じゃ食べようね」とか、何かあると思います。
それ以外の隠された要求としては色々可能性があります。
もしかしたらお母さんも一緒にバナナを食べて欲しいのかも知れませんし、
バナナの出し方の順番かも知れませんが、
こればかりはお子さん一人一人こだわりが違うので、
何とか試行錯誤の中で見付けられると嬉しいです。
私の例を出して申し訳ないですが、
私は相手に物事を頼む時に、
全く同じ言葉内容、言葉づかい、言葉の順番、同じ抑揚で
返事をしてもらわないとやり直しをさせてしまいます。(まだまだですね・・・)
その通りにしてもらわないと軽い癇癪を起こしてしまうのです。
お子さんが小さいと、「こうしてほしい」と、
その要求すら伝達できないので、皆さんの方は大変でしょうが、
お子さんの行動パターンやこだわりの中に
ヒントがある場合もあると思います。
お子さんのこだわりの特徴をつかむと、
全体に共通するパターンみたいなものを把握できて、
それを子供からの要求を受けた時に応用できないかなと思います。;

889 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 02:03:31 ID:O/aj5W8s

また長々となってすみませんでした。
もしお邪魔さえてもらえるのでしたら、次回からはもっと簡潔に、また、
でしゃばり過ぎないように気をつけます。
私は自分が今感じ取れるようになった、
「言葉で意思疎通ができる爽快感」を
皆さんのお子さんと一緒に、
これから一つ一つ探して積み上げていけたらと思っています。
勿論不快でしたらお邪魔しませんので、
その時にはそう伝えていただけたらと思います。;

890 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 09:53:26 ID:Wnhvi4Py

>>885-889
あなたの子供達を思う優しさに、
思わず、目頭が熱くなる思いで読ませていただきました。
1つ1つの事柄を、とても分かりやすく解説していただいて
自閉の子を持つ親として、感謝の気持ちでいっぱいです。
あなたの書き込みによって、息子が生きる世界を垣間見る事ができ
この先、母子で関わる上で、とても勉強になりました。
お邪魔なんて、とんでもない!むしろ、大歓迎です。
お時間のある時にでも、また、ご意見いただければ有難いです。
私も含め、皆さんも同様だと思いますが
自分の子供の事を理解しようと、日々、試行錯誤の毎日です。
そんな中、あなたの書き込みは子と関わる上で勉強になると共に
子供の心の代弁者として、とても心強い存在でもあります。
遠慮せずに、いつでも気軽に来て下さいね。
私だけではなく、皆さんも待っていられる事と思います。
分かりやすい解説、本当にありがとうございました。

904 名前:名無しの心子知らず :2005/08/07(日) 23:43:47 ID:wKesaVE+

>>885
本当に本当にありがとう!すごく参考になります。
今まで読んだどんな本よりも、一番簡潔でわかりやすかった。
あなたの書き込みを参考にして、
息子の気持ちに少しでも近づけたらいいな。

本当にありがとう。
あなたに来ていただけると、私もとても嬉しいです。

相手が視界から消えてしまうと、その人の感情そのものも消えてしまうように感じる

748 名前:名無しの心子知らず :2005/12/25(日) 09:52:51 ID:hP04sXRM

独身女が失礼致します
私は先日直樹君の事をテレビで見て、「自閉症の子は考えてる事と表現が
チクハグなだけで、中身は健常児と同じなんだ。なんだよ私今まで勘違いしてたよ!」
とショック&感動しました。ココでも盛り上がってるかなと思いROMらせて
頂きましたけどヤラセ疑惑が上がってて正直ビックリですw
障害の程度にもよると思いますが、やはり「周りで起きている事を理解している」お子さんはそれ程多くないのでしょうか? )

759 名前:名無しの心子知らず :2005/12/25(日) 15:08:05 ID:+S6v4Kay

一口に障害の程度と言っても、
自閉症としての障害の程度と、知的障害の程度は全く別物です。
知的障害は全く無くても、自閉症としては重度の人もいれば、
全く逆のケースもあり、人によってかなり違います。
周囲の状況をどの程度理解出来るかどうかは、
伴っている知的障害の重さによって変わってきます。
但し、知的障害の無い自閉症者の場合でも、
周囲で起こっている事自体は理解出来ても、
その受け取り方は、いわゆる健常者とは異なります。
自閉症は基本的に脳の処理機能に問題を抱えているので、
私達と同じ物を見ても、感じ方が全く違ってきます。
ちなみに、知的障害を伴わない自閉症者が、
現在は全体の半分、もしくはそれ以上いると言われています。

764 名前:名無しの心子知らず :2005/12/25(日) 15:57:53 ID:fiKpxgl1

>>759さん
横レスすみません。以前書き込ませていただいた者です。
>>759さんのご説明はすっきりするほど明確で
自分の状態を再認識するのにとても役立ちました。

私は今でも毎週欠かさず認知療法を受けていますが、
自分が知的障害は軽いものの、自閉度はかなり強いとわかりました。
以前「愛情を感じない」と書いた事があるのですが、
なぜそう感じるのか、その説明を受けました。
自閉の人にとって、相手が視界から消えてしまうと、
その人の感情そのものも消えてしまうように感じるようです。
健常者が感じるような、゛ずっと心の中に続いている゛「情」を
うまく感じ取れないとの説明でした。
だから全然感じ取れないわけではないみたいです。

あとは、自宅での「自分の世界」の感覚についてですが、
「中」の感覚には濃淡があり、家の中でも「完全な中」から
「少し外のもの」と言った具合に、段階的に外に続いているみたいです。
自分の部屋、自分の所有物は完全な「中」のもの、
また、その「中」の世界に入れられる人物は母親だけで、
ただ、入れてしまうと自分の人格との区別ができなくなり、
相手が自分の思い通りに反応、行動しないと、
まるで自分の手足が自分の意思に逆らって勝手に動いているような感覚になり、
それでパニックや癇癪を起こしてしまうみたいです。
それは、「中」の世界は全て自分が支配しないと落ち着かない事につながります。
母親が思い通りに反応しないと、一時的に「外の人」になってしまいますが、
それでもまた必ず「中」に戻ってきてくれます。
私にとって「外」の世界にはとても無関心なので、
例えば母親が家の中でも、「中」の感覚が薄い場所(例えば母親の部屋)で、
何か勝手に行動をしていても、それに対しては全然無頓着です。
ただ、自分の部屋や世界に入ってくると、途端に支配してしまう感じです。

765 名前:名無しの心子知らず :2005/12/25(日) 15:58:49 ID:fiKpxgl1

また、認知の問題で、一般名詞が固有名詞として限局して認識されている事も
つい最近自覚しました。
それは、自分の中の世界には、言葉も物も、一つの物に対して
一つの物しか当てはめられない感覚があるからです。
テレビと言えば自分がいつも見るテレビの事で、
別のテレビは「テレビ」という感覚で認識できないのです。
だから自分の世界の中に定着しているものや言葉を、
他の同種類の物で代替されようとしても、
それが自分の中のものになるまでに時間が掛かるか、不可能になります。

独り語りみたいになってすみません。
なかなか自閉の側からの感覚を伝えられる機会がなく、
自閉と非自閉の相互理解の助けになればと思い書き込みました。

私は今でもまだパニックもこだわりも強烈に続いていますが、
これからも認知療法を頑張り続けたいと思います。
そして母親の感覚ももっと理解できたらと思っています。
昨年は自分が自閉症だと気付き、またここの方々にもお世話になり、
自分とって貴重な年になりました。どうもありがとうございました。
皆さんのご家庭が良いお年を迎えられますように。

768 名前:名無しの心子知らず :2005/12/25(日) 17:58:46 ID:fFRvmmsl

765さん。
ありがとう。こちらからも、良いお年を。

複雑に絡んでみえる自閉者の思考を、覗いてみたいと常々思っている親から
見ると、当事者の側からのものの見方、感じ方はとても参考になります。
ただ、必ずしも自分の子に当てはまらない事もありますが。
ニキ・リンコさんの著書等も、あまりの感覚の違いに驚きました。
同時に、本当に愛しくあります。

765さん、お母様にお手紙やメールで、あなたもお母さんを理解したい、
というお気持ちを示してさしあげて下さいね。
何より嬉しい事だと思いますよ。
母親は人に打ち明ける事が出来ない時も多いですし、
子供の言動で、かなり深く傷つく時も多いのです。
ただ一言で、全てが報われた気がする時ってあると思うので・・。



Yahoo!ショッピング